千川あさひ眼科|東京都豊島区千川 | 日帰り白内障手術

硝子体注射について

抗VEGF硝子体内注射

抗VEGF硝子体内注射が適応となる疾患

  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管

これらの疾患はVEGF(血管内皮増殖因子)が、網膜内の毛細血管から漏れ出し、新生血管の増殖や黄斑浮腫を引き起こし視力低下を来しています。

抗VEGF硝子体内注射はこのVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射することにより病気の進行を抑制する治療法です。
現在、抗VEGF硝子体内注射に使用する薬剤は、ルセンティス、アイリーア、マクジェンが日本では認められています。

当院では、患者様の病状に応じて、ルセンティスとアイリーアを使い分けて硝子体内注射を行っています。

硝子体注射による薬効イメージ

抗VEGF硝子体内注射の方法

抗VEGF硝子体内注射の方法(図)

抗VEGF硝子体内注射の方法(解説)

治療のスケジュール

加齢黄斑変性症では、まず1ヶ月に1回、連続3回行います。その後は定期的に経過観察を行いながら、通常、2ヶ月に1回治療を状態が安定するまで続けます。

治療のスケジュール

糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症強度近視による脈絡膜新生血管では、視力が安定するまで月1回行い、その後は症状に応じて注射します。

いずれの場合も、治療の間隔は症状に応じて調整される場合があります。

抗VEGF薬による治療は、一旦症状がよくなっても、再発することもあります。気が付かないうちに症状が進行して視力が低下したり、見えにくい範囲が広がったりするのを防ぐためにも、定期的な検査と治療が大切です。

当院では、視力検査、眼底検査、眼底3次元自動解析検査を定期的に行いながら、患者様の状態に適した治療スケジュールで行っています。

費用について

この治療法には健康保険が適用されます。

費用は、70歳以上の方は窓口での上限があり、1割負担:14,000円以下、3割負担:57,600円以下、それ以上は窓口負担はございません。

70歳未満の方(3割負担の方)は約55,000円です。